NEWS
ニュース記事詳細
米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会のオーラルセッションにて治療用アプリの開発について発表
2024/06/05

当社が共同研究を行っている「進行がん患者に対する意思決定支援プログラム」に関して、6月2日に開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会のオーラルセッションにおいて発表が行われましたのでお知らせいたします。
当社は、がんサバイバーが直面する社会的孤立・孤独や医療・介護の不足に対処するために、新たな教育アプローチやデジタル医療技術の研究開発を行うことを目的として、東京慈恵会医科大学と2024年4月1日付で産学連携講座「がんサバイバーシップ・デジタル医療学講座」を開設しており、本講座を通じて今回発表された取り組みの社会実装を目指してまいります。
詳細は東京慈恵会医科大学のホームページをご覧ください。

前の記事
一覧にもどる
no contents