鯖江市と共同研究契約を締結しました


サスメド株式会社(本社:東京、代表取締役社長 CEO:上野 太郎、以下、サスメド)と鯖江市(市長:牧野 百男)は、人工知能・機械学習技術を用いた地域保健データ分析を目的とし、共同研究契約を締結したことをお知らせいたします。


サスメドはデジタル医療にフォーカスし、人工知能・機械学習技術を用いた分析経験を活かして、行政・医療機関・保険者と先進的な取り組みを推進しています。また、鯖江市は「データシティ鯖江」を初めとしたデータ活用の取り組みを進めており、地域保健においても国保被保険者の生活習慣病の重症化予防および医療費適正化を目的としたデータヘルス計画を推進してきました。この度、サスメドは、鯖江市が保有する地域保健データへ、サスメドが有する人工知能・機械学習技術を応用し、保健事業における有効性を検証すべく、鯖江市と共同研究契約を締結することとなりました。


本共同研究では、具体的には予防接種や特定健診・特定保健指導等の保健事業から得られた地域保健データへ人工知能・機械学習技術を応用することで、特定の疾患のハイリスク者の抽出アルゴリズムの構築等を行っていく予定です。単なる試行にとどまらず、今後鯖江市の地域保健においてこのようなアルゴリズムを活用し、必要な人に必要な保健事業が届くような事業設計も併せて検討していきます。




最新記事

すべて表示

EPS ホールディングス株式会社と業務提携

EPS ホールディングス株式会社(東京都新宿区、代表取締役:厳 浩、以下、EPS)と サスメド株式会社(東京都中央区、代表取締役:上野太郎、以下、SUSMED)は、「ブロックチェーン技術」を活用した治験業務の効率化を目的とし、業務提携契約を締結いたしました。 詳しくはこちら。

経済産業省及び厚生労働省より「ブロックチェーン技術によるモニタリングの代替」が認められました

国立研究開発法人国立がん研究センター(以下、「国立がん研究センター」)と共同で実施した実証結果に基づいて、「医薬品や医療機器等の臨床試験で求められるモニタリングを、サスメド株式会社の有するブロックチェーン技術により代替することは法令上認められる」と厚生労働大臣及び経済産業大臣から回答があったことをお知らせいたします。 詳細はこちらをご確認ください。 English version is here.