鯖江市と共同研究契約を締結しました


サスメド株式会社(本社:東京、代表取締役社長 CEO:上野 太郎、以下、サスメド)と鯖江市(市長:牧野 百男)は、人工知能・機械学習技術を用いた地域保健データ分析を目的とし、共同研究契約を締結したことをお知らせいたします。


サスメドはデジタル医療にフォーカスし、人工知能・機械学習技術を用いた分析経験を活かして、行政・医療機関・保険者と先進的な取り組みを推進しています。また、鯖江市は「データシティ鯖江」を初めとしたデータ活用の取り組みを進めており、地域保健においても国保被保険者の生活習慣病の重症化予防および医療費適正化を目的としたデータヘルス計画を推進してきました。この度、サスメドは、鯖江市が保有する地域保健データへ、サスメドが有する人工知能・機械学習技術を応用し、保健事業における有効性を検証すべく、鯖江市と共同研究契約を締結することとなりました。


本共同研究では、具体的には予防接種や特定健診・特定保健指導等の保健事業から得られた地域保健データへ人工知能・機械学習技術を応用することで、特定の疾患のハイリスク者の抽出アルゴリズムの構築等を行っていく予定です。単なる試行にとどまらず、今後鯖江市の地域保健においてこのようなアルゴリズムを活用し、必要な人に必要な保健事業が届くような事業設計も併せて検討していきます。




最新記事

すべて表示

ブロックチェーン技術を用いた臨床データのモニタリングシステムに関する実証― 規制のサンドボックス制度に係る実証計画が厚生労働大臣、経済産業大臣から認定されました ―

申請中の「ブロックチェーン技術を用いた臨床研究モニタリングの実証に関する新技術等実証計画(規制のサンドボックス制度)が、厚生労働大臣、経済産業大臣から認定されましたことをお知らせします。 詳細はこちらをご覧ください。 本件に関するお問い合わせ 代表取締役・医師 上野 Email: support@susmed.co.jp Tel: 03-3527-3593(代表番号) 参考リンク 内閣官房 新技術

経済産業省委託事業「飛躍 Next Enterprise」に採択されました

経済産業省の委託のもと、日本貿易振興機構(ジェトロ)とデロイト トーマツベンチャーサポート株式会社が運営するプログラム「飛躍 Next Enterprise」に、弊社が採択されました。本事業は高い技術力や優れた事業アイディアを持つ中小・中堅・ベンチャー企業等が全国から選抜され、イノベーション先進都市であるシリコンバレー、世界有数のIT企業がグローバル拠点を設置するベンガルールの2つのエリアに派遣す

© 2015 - 2020 SUSMED, Inc All rights reserved.

​​個人情報保護方針 情報セキュリティ方針