デジタル技術を活用した臨床試験の効率化に関する新規特許が認められました

弊社が取り組んでいるデジタル技術を活用した臨床試験の効率化について、新規特許が登録されました(PCT/JP2019/019043、特許第6628238号)。

詳細に関してはお問い合わせフォームからお問い合わせください。


最新記事

すべて表示

「規制のサンドボックス制度」認定事業者としてインタビュー動画が公開されました

生産性向上特別措置法に基づいて設置された「規制のサンドボックス制度」が産業競争力強化法へ移管・恒久化されることに併せて、当社が2019年から同制度を活用して取り組んできた「ブロックチェーン技術を活用して臨床試験データの信頼性を担保する仕組み」に関するインタビュー動画が本日公開されました。 インタビューは、内閣府の委託を受けたEY Japanによって行われています。 https://www.ey.c

国立がん研究センター東病院とサスメド、 オピオイド誘発性便秘症を含む便秘症治療の最適化に向けた共同研究を開始

サスメド株式会社(以下、「サスメド」)は、国立研究開発法人国立がん研究センター東病院(以下、 「国立がん研究センター東病院」)とオピオイド誘発性便秘症を含む便秘症治療の最適化に向けた 共同研究を開始いたしましたのでお知らせいたします。 詳しくはこちら 。

EPS ホールディングス株式会社と業務提携

EPS ホールディングス株式会社(東京都新宿区、代表取締役:厳 浩、以下、EPS)と サスメド株式会社(東京都中央区、代表取締役:上野太郎、以下、SUSMED)は、「ブロックチェーン技術」を活用した治験業務の効率化を目的とし、業務提携契約を締結いたしました。 詳しくはこちら。